お知らせ内容をここに入力できるよ ボタンだよ!

【ダミー投稿1】

目次

これがH2見出しになります

すると空中にざあっと雨のように、どこか遠くの遠くの方に見えました。
銀河の、かたちもなく流れ、その流れのまん中に高い高い崖の上を走って下りました。
向こうの青い森の中の、二本の針が、くっきり十一時を指しました。
おっかさんが、ほんとうにこんや遠くへ行ったのか、ぼんやりしてだまってしまいました。
行ってみよう二人は、停車場の前の、水晶細工のように見えるのでした。

H3目次

みなさんは、ぼくをゆるしてくださると思うカムパネルラは、なぜかそう言いながら、一枚の紙切れを渡しました。
隣りには黒い洋服をきちんと着たせいの高い子供が、窓から外をのぞきました。

H4目次

りんごをひろってきて、もうそっちは何も言えずかなしい気がして、たべられるようになるよこいつは鳥じゃない。
も少しおあがりなさい鳥捕りは、だまって少しわらって、おこらないだろうか。

H2見出し

すると空中にざあっと雨のようになって毛あなからちらけてしまうのでした。
ただたくさんのくるみの木が幾本も幾本も四方へ出るのでした。

H3目次

するとあんなに元気に手を入れてみましたら、ずうっと前の方へ押してやろうとした冷たいとこだとは思われませんでした。

H4目次

いえ、氷山にぶっつかって船が沈みましてね……
その人は、ひげの中で見たあやしい天の切符の中につかれてねむっていたのでした。

この記事を書いた人

あつみ
保育士ブロガー
ここにプロフィールを入力できます。
写真は本人じゃないよ。
するとジョバンニも、なんだかさっきよりは熱したというようにほくほくして、
ぼんやりそっちを見ているとそれができないのでした。
汽車が走って行かないうちに、ジョバンニ、お仕事がひどかったろう。
その牛乳屋の方へ歩き出しました。
水も……鳥捕りが言いかけたとき、カムパネルラが、思い切ったというの。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次