【ダミー投稿2】

カテゴリ1

これがH2見出しになります

すると空中にざあっと雨のように、どこか遠くの遠くの方に見えました。銀河の、かたちもなく流れ、その流れのまん中に高い高い崖の上を走って下りました。向こうの青い森の中の、二本の針が、くっきり十一時を指しました。おっかさんが、ほんとうにこんや遠くへ行ったのか、ぼんやりしてだまってしまいました。行ってみよう二人は、停車場の前の、水晶細工のように見えるのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました